脱サラFPのマネー日記

FPの資格をもつ脱サラFPタケルのマネー日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今週の株式投資

さすがに今日の日経平均は下げましたね。16,111.43円で今年の相場は終了です。年初1月4日の始値は11,458.27円ですので、約40%ほどの上げとなりました。ということは自分の投資が利回り40%以上なら大成功というところなのでしょうか。

今週は管理人自身は、あまり売買をしませんでした。先週打診買いをしたものの中で、ダイエー、タナベ経営などを軽く買い足したのみです。ダイエーは新しい店舗展開で多少明るさが見える感じもしますし、タナベ経営は配当がよいので3月に向け上昇してほしいなというところですが、本格的には買ってないので「まだ上がるの待ってね!」というのが本音のところです。

今年の投資という意味では、まだ正確には計算していませんがおそらく利回り50%を達成。年初は30%くらいを目標にしていたので、合格点をあげてもよいでしょう。上昇相場に助けられただけなんですけどね。

来年は、まずは投資金額を増やしたいですね。投資金額が増えると毎日の含み損益のブレが大きくなるので、ビビッてしまうんですね。その辺りの金銭感覚を変えつつ、利回り50%を達成できればと思っています。目標を今年の実績より下げるなんてできません。

今年の日記はこれでおしまいです。今日は忘年会、なんかヘベレケになりそうな雰囲気です。よいお年を♪
スポンサーサイト

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2005/12/30(金) 13:28:32|
  2. 株式投資
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

不動産投資におけるレバレッジ効果

レバレッジなどといきなり難しい言葉ですね。レバレッジ効果とは、金融におけるてこの原理で少額の投資で多額の利益を上げることなどを言います。(Yahoo!辞書検索より)

管理人は名古屋人だからでしょうか。借金が嫌いです。不動産投資に興味はあるけれど、借金して購入することにどうも抵抗がある。たまたま不動産投資でのレバレッジ効果の話を聞いて「なるほどな~」とその場では思ったものの、よ~く考えてみるとやっぱり納得がいかないんですね。

具体的に行きますね。投資用として次のようなマンションを購入するとします。

・物件価格:3,000万円
・家賃収入:年300万円

A.3,000万円を自己資金で購入する場合

収入:年300万円
年利回り:300万円÷3,000万円=10%

B.1,000万円を自己資金、2,000万円を年利4%、20年返済の借入をする場合

収入:年300万円
支出:金利80万円
利益:220万円
年利回り:220万円÷1,000万円=22%

AとBを比べてみましょう。自己資金のみの購入では年10%の利回り、借り入れすれば少ない資金でしかも22%の利回りを得ることができます。

管理人が聞いた話はここまで、不動産投資の会社のHPでのレバレッジ効果の説明も2つ3つ確認しましたが同じくここまでの説明です。その瞬間は「なるほど~、こりゃ考え方を改める必要があるな!」と思いました。

しかし、借入金の返済はどこへ行ってしまったのでしょうか?
Bの続きを計算していきます。

借入金返済額:年約150万円(年利4%、20年返済の場合)
ほんとの利益:220万円-150万円=70万円
ほんとの利回り:70万円÷1,000万円=7%

借入金の返済を考慮すると7%の利回りです。自己資金での利回りは10%。「な~んだ、やっぱ自己資金で投資した方がいいんじゃん!」というのが結論となってしまいました。もちろん少ない投資金額でよいというのは魅力ですが、借入金を返済できるかというリスクもあります。それとも他に何かすごいメリットがあるのだろうか…。

テーマ:不動産投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2005/12/29(木) 20:40:38|
  2. 資産運用(株以外)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

構造計算書の偽造問題

先日不動産関係の仕事をされている方と飲む機会がありました。当然今話題の構造計算書の偽造問題になってきます。やはり誰もがどこかに住んでいるわけですから「自分の家は大丈夫だろうか。」って思いますよね。

今までの推移では「構造計算書の偽造」ということが中心に報道されていましたが、実際はその通りに建築されているかどうかの方が問題なのだそうです。実際、数日前木村建設が計算書どおりに建築していないのではないかという報道もされていました。世間一般への影響から考えればそちらの方が大きな問題のようです。

じゃあ、今住んでいるマンションの強度を確認したい場合どうすればよいか。確かに報道されていた通り、鉄筋の数や弱い部分を調べることは可能だが、たとえば鉄筋を固定するコンクリートに作業しやすいように水を必要以上に加えたら強度は下がるので、すべては調べられない。建設途中に確認しないと確実にOKとは言えないという話でした。

そもそもマンションであれば構造計算書はつくられるが、木造2階建てなどの場合は構造計算書が作られることもないのだそうです。

そしてこの問題は業界全体の問題で、構造計算書の確認をした会社なども自分の責任分の仕事をしただけなんじゃないかということでした。

しかし、こういう仕組みの中で素人はどういった対応をすればいいんでしょうか。しっかり確認しようと思ったら当然お金がいるわけで、法律上当たり前とされる安全でさえお金で買わなければならないということになっちゃいます。

テーマ:姉歯建築設計事務所 - ジャンル:ニュース

  1. 2005/12/25(日) 21:33:11|
  2. 社会
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

今週の株式投資

今週の日経平均の上げはすごかったですね、月曜の始値は15,252円、今日は昨日に比べ200円近く下げたものの、大引けにかけて戻してきて結局は16円安の15,941円、月曜の始値に比べ689円の上げです。それに16,000円の大台もつけています。

そんな中管理人の持ち株はというと、さえないんだよな~。ここ最近上げていた不動産や建設は前に失敗した経験から買う気が起きない。300円以上上げる日経平均を見ながら、しーんとする持ち株にちょっとイライラしてしまいます。まだまだ修行が必要です。

売買の方は、打診買いの気持ちで数銘柄買ってみました。ただ買う理由をもっと整理してからの方がよかったかなとちょっと後悔です。いろいろ調べるとその銘柄を買いたくなっちゃうんですよね~。

他には、持ち株が10%以上上がれば売りを検討することにしているので、SBIとベンチャーリンクを利食いました。

現在は調整も考えて少しキャッシュを大目にしていますが、はっきり言って迷いがありますね。上がる相場についていけてないです。そういうときは「休むも相場」なのかも知れません。

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2005/12/22(木) 20:45:37|
  2. 株式投資
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

AFP本当の合格率

管理人は9月にAFPを受験し、12月に協会へ登録したなりたてほやほやのAFPですが、このAFPという試験、難易度はどれくらいなのでしょうか?

試験は学科と実技の2科目があります。どちらかが合格すれば次回は1科目の受験でOKという仕組みです。ただ、やはり気になるのは2科目受けた場合の同時合格率です。

AFP試験の同時合格率
H17年9月試験:36.8%
H17年5月試験:23.7%
H17年1月試験:22.7%
H16年9月試験:37.0%
H16年5月試験:20.1%
H16年2月試験:18.8%

2年分拾ってみましたが、今回は36.8%と非常によい合格率なんですね。ふつうは20%前後といったところのようです。ただ、感覚としては3人に1人しか受からないような試験には思えません。

というのは、管理人と同じ専門学校で勉強して知り合った方々のうち8割くらいは合格しているからです。先日そのメンバーとの忘年会が行われましたが、みなさん合格していました。合格発表後、初の会でしたので参加されなかった方が不合格だったと計算して8割くらいなんです。

じゃあ、そのメンバーはどういう人か。そもそも専門学校へ通い、そこで会をつくろうなんてのはやる気のある人たち。だから合格率もよいのでしょう。(こちらを参照)

ということは、やる気さえあれば受かる試験なんだということなんですね。やる気をもって臨んだ人の合格率であれば8~9割はあるのでしょう。AFPは確かに簡単な試験ではありませんが、合格点は6割。ちゃんと勉強すれば合格できる試験なんだということのようです。

テーマ:ファイナンシャル・プランナー(FP) - ジャンル:ファイナンス

  1. 2005/12/21(水) 19:37:21|
  2. FP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ドコモを損切るっ!

今日の日経平均は、15,173.07円と3日連続の下げですね。ただ、円高などを背景にハイテク株などを中心に下げており、幸い自分の持ち株はほとんど下げていません。

そんな中、昨日と今日でドコモ株を8株、10万円弱の損切りをしました。やはりまだ気が小さいですね。5万円以上の損切りとなると心が痛みます。はやく単なる数字として見れるようにならなくちゃ。(→2005年投資実績

ドコモは配当が4,000円と利回り的にもよいことや、新規参入もあるけれどお財布ケータイが伸びればチャンスもあるだろうな~なんて思って、安いところを拾っていく方針だったのですが、下がるは下がる。

耐え忍ぶことも考えたのですが、季節はもう師走。税金対策のためにも、気持ち的にも、損はきれいにして年を迎えようということで、損切りに踏み切りました。

損切ると上がったりするんだよな~。ココが買い場だったりして…。

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2005/12/16(金) 19:20:15|
  2. 株式投資
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イートレード証券から宝くじ

先日E*トレード証券より年末ジャンボ宝くじが送られてきました。なんだったかな~と考えていると、秋にSBIホールディングスの社債を購入してたんですね。
(→「社債を買ってみる」参照)

etre-kuji.jpg

これは、国債や社債など債券を50万円以上購入すると宝くじが50万円ごとに5枚ずつもらえるというサービスです。「億万長者物語」なんて愛称で、心をくすぐります。

こういう宝くじサービスは銀行の定期預金でよく行われています。いくつかピックアップしてみましたので参考にしてください。お近くの銀行や信金でもやっているかもしれないので確認してみるといいかも!

■宝くじつき定期預金のある銀行・信金
スルガ銀行 ANA支店
スルガ銀行 ドリームダイレクト
泉州銀行 ダイレクト支店
京都信用金庫 夢ネット支店
第三銀行 ダイレクトバンキング
山形しあわせ銀行
東日本銀行

テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2005/12/15(木) 00:58:16|
  2. 資産運用(株以外)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初日記

初日記です。

ブログの設定というのは、思ったよりややこしいんですね。わからない言葉もあったりして、少しとまどいました。でも、いろんなことができそうでこれから楽しみです。

マネーとはまったく関係ありませんが、ドイツW杯の組み合わせが決まりました。予選の相手は、ブラジル、クロアチア、オーストラリア。実力的にはブラジルはともかく、他3カ国はほぼ横並びと言われています。いろんなことが言われていますが、やってみなけりゃわからない。ぜひ、前回大会以上の成績を残してほしいです。

その前に、今日からはクラブ世界選手権。カズのいるシドニーFCは明日の試合ですが、がんばっていればチャンスはあるんですね。カズのくさらずにがんばる姿勢を見ていると「自分もがんばらなきゃ」って思います。

野球の方も3月にワールド・ベースボール・クラシックがあります。世界で活躍する日本人を見ているとなんだかわくわくするんだよな~。


テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

  1. 2005/12/11(日) 12:15:28|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。