脱サラFPのマネー日記

FPの資格をもつ脱サラFPタケルのマネー日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

FPとして初の相談員!

先日ちょっとだけ、
FPとして相談員をしてきました。

FPとしてお客さんから相談にのるのは初めて。
やはり実力不足経験不足ですね。

大きなところでは、
思っていることがすっと口をついて出てこない。
相手にきちんとわかりやすく話せない。

2人でお客様の相談に答えたのですが、
もう1人はプロのFPの方。

2組の相談があったので、
最初はメインをお願いし、私がサブ。

資産運用のご相談でしたが、
FPとして総合的な見地からアドバイスをされています。

投資信託など細かい知識のところで、
私はちょっとだけ口を出します。

2組目は私がメイン。
なんと言いたいことが口をついて出てきません。
結局重要部分は頼ってしまいました。

ポイントは次のようなことかな。

・アドバイスするのに必要な情報を引き出す方法
・お金のことを他のことへ置き換えるなど、
 相手にわかりやすく話す技術
・FP本来の幸せのためのマネープランに対する理解度

FPは相談者のやりたいことのためにマネープランを立てます。

何年後にどうしたいか、
そのためにいくら必要なのか、
じゃあ今貯蓄はこうだから、
こういう考え方で運用しましょう。

これだけのことを言うのが伝わらない。
いや、もしかして自分は心底この意味を理解していないのか!?

考えてみると自分がお金について話すときは、
相手がFPだったり、株の投資家だったり。
多くを言わなくてもよい相手だったんですね。

こういう時の手法はFPでなくても、
自分の本業でも役に立てることができます。

やはり経験は何事にも変えがたいですね。
本当によい勉強になりました。
スポンサーサイト

テーマ:ファイナンシャル・プランナー(FP) - ジャンル:ファイナンス

  1. 2007/06/10(日) 18:21:27|
  2. FP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。