脱サラFPのマネー日記

FPの資格をもつ脱サラFPタケルのマネー日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

確定申告

確定申告の締め切りは3/15です。
必要な方、もうお済みになっているでしょうか?

私自身去年組合を設立したものの、
まだまだつぎ込んでいる状態ですので、
給料があるわけでもありません。

しかしパート的なものや株など、
他の収入で源泉徴収されたものは、
きちんと税金計算をして申告をすれば戻ってきます

所得税の計算は簡単に言えば、
収入に対して、
控除額(人的控除・社会保険料など)を差し引き、
いわゆる所得に対して税金がかけられます。

そして、たとえば株式の売買では、
有無を言わさず利益に対して10%が差し引かれます。
(ただし特定口座で源泉徴収ありを選択している場合)

これを後々に精算するわけです。

たとえば1000円の株式売買益があると、
その時点で100円が源泉徴収されます。

その年の収入がその1000円だけなら、
社会保険料等々控除が300円あったとすると、
1000円-300円=700円が税金の対象となるので、
所得税率が同じなら本来10%の70円の税金を支払えばよいわけです。

本当の税金は70円、先に支払ったのは100円
だから30円の戻りがあるということになります。

会社員の場合は年末調整で、
年末調整で忘れても確定申告をすれば、
そこで修正することができます。

もちろんみんながみんな戻りがあるわけではありません。
しかし戻りがある人でも面倒くさがってやらない、
それ以前に戻ってくることを知らない人も多いのではないでしょうか。

アルバイトでも税金分は源泉徴収されています。
フリーターの方でもきちんとバイト代の明細をとっておき、
確定申告すればいくらかは戻ってきます。
けっこう大きな金額になるかもしれませんよ。

※親の扶養家族になっている場合、親の控除額に影響するので気をつける必要があります。
スポンサーサイト

テーマ:ファイナンシャル・プランナー(FP) - ジャンル:ファイナンス

  1. 2007/03/13(火) 11:31:16|
  2. FP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://datusarafp.blog41.fc2.com/tb.php/66-56820a49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。